製本ワークショップ「コプト綴じの本」に参加してきました!


5月19日(土)、MOTOYA(初台・東京)にて月一で開催されている製本のワークショップに参加してきました。今回は「コプト綴じの本」ということで背表紙部分がかわいいくさり編みになっている製本の仕方。先週ひょんなことでこのワークショップを知り、以前から紙や装丁などに興味があったのもあり参加することに。一人でワークショップに参加するのは初めてでしたが、とても和やかな雰囲気でとても参加しやすかったです。

MOTOYAは駅から10分くらいのところにあるかわいいおうちで、1階と2階が展示やワークショップスペースになっていて、月一で製本のワークショップを開催しているそう。オーナーのモトヤさん(写真撮ればよかった><)もワークショップの講師の津村明子さんもとても素敵なオーラのある女性でとても居心地のよい空気感が作られていました。

時間通りに始まったワークショップ、材料や道具は準備されていて自分で用意するのは本の表紙に貼る生地だけなので誰でも参加しやすいし丁寧に教えていただけるので、製本にはぼんやり興味があったくらいの私でもそれなりのものができました。


厚紙に生地を貼って表紙ができたところ。


今回の醍醐味、コプティックバインディングという方法で綴じていくところ。
(チカラ加減がむずかしいかも・・?)


2時間半くらいで手のひらサイズの本が出来上がりました。


布を変えるだけでこんなに表情がかわります。
糸の色や素材などを変えてやっても面白そう。。

楽しかったですよー
是非参加してみてほしいです。

次回のワークショップは「封筒とじの本」↓
「封筒とじの本」・・・市販の封筒をまとめて平綴じ製本にします。細かいものや厚みのある物が収納可能です。

リピーターになりそうです♪
(チ)