イベントに行こう! ~世田谷てづくり市~


私達は世田谷てづくり市に行ってきました!なかなかこういったイベントを知る機会も、知ってもなかなか行こうと踏み出せなかったりする方もいると思います。そんな方々のために代表して私達がイベントへ行ってみてレポートをする第1弾☆この世田谷てづくり市は出展が約90店と、じっくり見て回れました。アットホームな雰囲気で、作家さんとのコミュニケーションも多くとれるとても魅力あるイベントです!そんなてづくり市のレポートをどうぞ☆

 

Kika

天然石などを使用した、とても女性らしい素敵なアクセサリーの数々。しかしお手軽な値段なので、学生の私たちも気軽に買えるというのが嬉しい!http://kika.ocnk.net/

Q1:このてづくり市に出そうと思ったきっかけはなんですか?
Q2:てづくり市の魅力があれば教えてください。

表現の場がほしかったからです。お店を出すには、多額の費用等何かとリスクが多い…。その点、手軽に1日、自分のお店を出せるてづくり市はいいなと思いました。また、お客さんとコミュニケーションがとれるのもいいなと思います。

Q3:どのように作っているのですか?また、特徴は?

石などは、業者から買っています。組み合わせは、自分で考えています。作品の特徴は、華奢で繊細なイメージ。自分自身、アクセサリーを買うときに、高い値段のために買うことができず、残念な思いをしました。だから自分で作るようになり、お手軽な値段で提供しようと思いました。

 

☆コノコト☆

表情が何とも言えない可愛さを持つ引き出しくん。個人的にとっても心を掴まれました。連れて帰りたかったです…。木工の雰囲気があたたかい作品で、ゆるい感じがまた素敵です♪

 

Q1:このてづくり市に出そうと思ったきっかけはなんですか?
Q2:てづくり市の魅力があれば教えてください。

お店を持ってないので、出店するにも安くできるからです。また、お客さんに直接手にとってもらえるからです。

Q3:どうしてこの顔をつけようと思ったのですか?また、どうしてこういった形になったのですか?

顔は、複雑でないから。作業効率から考えてもよいと思いました。この形は、置物と実用品の中間といった感じです。ちなみに、元の木の色で、作品の印象が変わってきます。

 

Jabon de sirena

一つ一つ手作りで時間をかけて作ったという石鹸は、見た目の色合いも可愛く、包装もとても可愛いです♪手にとって香りを楽しむこともできました!

http://ameblo.jp/sirenasirena

 

Q1:このてづくり市に出そうと思ったきっかけはなんですか?
Q2:てづくり市の魅力があれば教えてください。

てづくり市に出す前は、お店のひとに販売してもらっていました。しかし、作っている私は、お客さんの直な意見を聞きたかったのでてづくり市にお店を出しました。

Q3:てづくり石鹸を作るにあたって化学物質などは意識されていますか?

化学物質で着色することもあります。しかし、肌の弱い友人がいるので、肌のことを考えて化学物質を使わないこと意識しています。

 

☆パンジー☆


余ったガラスの破片を使って万華鏡、アクセサリー、ランプ、衝立、他いろいろ製作されています。余ったものを使ったとは思えないほど配色や形が独創的で素敵です。ガラスならではの神秘的な世界観に引き込まれてしまいます。飾っておいておくだけでもお部屋の中が華やぎそうでした。

 

Q:どのように作っていらっしゃるのですか?

自宅で趣味がてら作っています。ステンドグラスをやっていて、残ったガラスの破片がもったいなく、破片と破片とをくっつけておまけ感覚で作り始めました。

 

Q:自宅でどのように作っているのですか?

小さな特別な釜や、電子レンジを使ってガラスの破片を「はんだ」でくっつけます。世界にひとつ、同じものが生まれないところが良いです。

 

Pa.Co.


ここでは、木の破片を使って、キーホルダーやブローチ、置物を作っています。全て手作りで一つ一つの表情はもちろん、形、色など、どれとして同じものがありません。そして何よりデザインがとてもかわいいです!天使からビートルズまで種類は様々です。全てがなんとも言えない味わいを出している作品は、ほんとにオススメです!

Q1:このてづくり市に出そうと思ったきっかけはなんですか?
Q2:てづくり市の魅力があれば教えてください。

てづくり市の存在を教えてもらって、自分の作品が売れることを知り、工夫をしながら作っています。直接自分が作ったものへの、お客さんの反応が見ることができるのが大きいですね。興味を持ってくれたら嬉しいですし。興味がなかったら素通りもされます。だから、たくさんの人に立ち止まってもらえるように作品を作りたいです。

 

Q3:なぜ木でフィギュアをつくっているのですか?

庭のある家に引っ越した際、自分で大きな家具を作ったんです。その時に出た木のくずがもったいなくて、なにか利用できればと作り始めました。だから木で作っているんです。

 

nyo.nyo


ヴィンテージの布やパーツなどを使って作られたアクセサリー。個性的であり、誰かとかぶる心配がありません☆
http://factorynyonyo.blog133.fc2.com/

 

Q1:このてづくり市に出そうと思ったきっかけはなんですか?
Q2:てづくり市の魅力があれば教えてください。

自宅で作り、セレクトショップなどに発信してもらっていました。しかし、てづくり市では、直接お客さんの意見を聞きことができるのが良いですね。

Q3:アンティークの布を利用してアクセサリーを作っているということですが、アンティークの布を使う理由を教えてください。

現在、流通している布を使って作るとかかぶってしまうのも多いですが、アンティークの布を使うことでオリジナルになります。そうやって手で作った作品の中には、不格好なものもありますが、そこがまた魅力なのです。

 

雑貨だけでなく、ほかにも、クッキーなどのお菓子や、
パンケーキやベーグルのお店もありました!

 


 

 

 

世田谷てづくり市に行って・・・

 

芝原……私は今回初めて、てづくり市に参加しました。その中で一番強く感じたのは、おしゃれでかわいいのはもちろん、一つ一つの作品にたくさん時間と愛情が込められているという点です。これは、てづくり市ならではの醍醐味なので、かなり魅力的でした。また、てづくり感を重視しているので、既製品のように一寸の乱れなく!といった作品ばかりではないのですが、そこがまた味になっていて愛着が感じられました。あと、そういった点をお店の作られた方に直に質問できるところもすごくいいなと感じました。ほとんど店頭に立ってらっしゃる方が品物の作り手さんなので、いろいろお話ができて楽しいですよ!品物もお店のひともすごく素敵で楽しかったです。ぜひぜひてづくり感の暖かさが好きなひと、また一点ものに目がないひとにおすすめです(^^)

 

 

吉澤……. 今回この世田谷てづくり市に行ってみて、どれも作家の皆さんの独創性、創造性に富んでいて私自身大変刺激を受けました。また、インタビューをしてみて、皆さんに共通して言えるのは、てづくり市の魅力はお客さんと直接会話をしたり、どんな物を気に入ってくれるのか等が分かるのが良いと言っていました。とても素敵なことだと思います。そしてそれは私達のように、てづくり市に作家としてではなく、お客として訪れる人にも言える事だと感じました。どんな人がどのような思いで、その作品を作っているのかが、とても良く分かる、素敵なイベントでした!個人的にもまた行ってみたいです。

 

 

駒澤…….一言で表すと、「素敵な空間」でした。私は、以前に似たようなクラフト市に行ったことがあるのですが、今回のようなお寺での“てづくり市”は初めてで、お寺ならではの独特の雰囲気と、お店の方々とお客さん方の活気とが、居心地のよい空間を作っていたように感じました。お店の方々は、どなたも快くインタビューに応じてくださり、感激しました!アクセサリーやバッグ、革製品、せっけん、木製品、ガラスや陶器など、様々なお店が集まっているので、老若男女が楽しむことができます。どの作品からも強い魅力オーラが光っていて、どんな小さなものにも惹きつけられます。それは、作っている方々の人となりが作品に表わされているからだと、インタビューを通してわかりました。また行きたくなる、ぜひ一度行ってほしい、やみつきになってしまう“てづくり市”でした!