PLUG INで気になるブランド[2]『Sulci』




今回のOCaCa…的気になるブランド『Sulci』です。「SULCI」は、天然素材ラフィアでバッグを作ることを通して、”フィリピンの女性たちに自信と自立の道を!”というコンセプトから生まれたブランドだそうです。また、フェアトレードとは、社会的・経済的に立場の弱い人たちに仕事の機会を与え、公正な対価を支払うことで自らの力で暮らしを向上させ、自立できるように支援することで、そのシステムを使ってこのラフィアバックが作られているそうです。なので、ハンドメイドが大好きな方にはとっても興味深い手作りバックなのではないでしょうか?



お店のロゴもシンプルでいかにも地球に優しそうなロゴで、下には小さくフェアトレードと書かれていました。


各バッグには、crocheter(編んだ方)のサインとスルシィのポリシーが書かれた直径18cmの大きな丸いタグとラフィアで編んだ女の子のチャームが付いています。
Crocheterのサインは、 彼女たち自らが作るものに誇りと責任を持ち、完成度の高いバッグを作っているという証でもあるそうで、また女の子のチャームには 現地の子ども達が少しでも良い環境のもとで学べるように、との願いも込めているチャームだそうです。普通に鞄に付いているだけでも可愛らしいデザインのチャームなのでみなさんも気に入ること間違いないと思います(笑)!ocacaを日ごろ愛読してくださっている方々には是非紹介したいブランドです!
(なってぃ)

PLUG INで気になるブランド[3]『gredecana (グリデカナ)』