fur furのファッションショーに行って来ました!


 

20121016()に原宿ラフォーレミュージアムで開催されたfur fur(ファーファー)2013年春夏コレクションが発表されました。今回で10回目の記念すべきコレクションは、水彩画アーティストの植田志保さんとのコラボレーションで展開されました。

 

 

エントランスに入ると、画材やデッサンなどが無造作に置かれ、アトリエのような不思議な空間が出迎えてくれました。普通のファッションショーでは無く、会場を観客が回遊する形式が取られており、センターにマイクが置かれたメインステージには、天井から色とりどりのデコレーション吊るされ、まるで舞台のステージのような雰囲気でしたが、びっくりしたのはファッションショーの演出でした。「胸をなでおろすライラックの1600色」「ひょんな一瞬に無重力の庭色」などポエティックな色の名前を唱えながら、次々とその色が塗られキャンバスを手にしたモデルさん達が登場し、全22体それぞれのルックにつけられた色の名前で、既成のカラー名では定義できないにじんだような複雑な色のアートで見ているこちらもfur furの世界に引き込まれていく様な気分になりました。また、そのプリントはワンピースのプリントからトレンチの包みボタンに至るまでテキスタイルの随所にプリントされていました。

 

 

これまでのfur furのイメージは基本的にカラーパレットは最小限に、ベージュなどの色を基調にした様なイメージでしたが、今回チダコウイチさんの「ようやく”いろ”という言葉と意味を紡ぐことができる人に出会いました」という言葉の通り、水彩画アーティストの植田志保との出会いがfur furらしい素晴らしい色彩に包まれたファッションショーでした。

(なってぃ)