リリヤーンで刺繍をする楽しみ


京都訪問時に、リリヤーンを扱う企業さんへ連れていっていただきました。リリはリリーで百合(ゆり)のことをいいます。形状は、糸を鈎針のような針に輪のようにかけて、螺旋状に編んでいます。 機械を写真で写しています。

螺旋状ということは、中が空洞になるので、とても軽く、柔らかくなります。糸自身が空洞のある糸なので、編み地も軽く、柔らかく仕上がります。
編み目の表情がとても可愛いです。

リリヤーンをほどき、刺繍にするという文化があります。棒(針)に糸を通しほぐしながら布に指していきます。棒を抜くと1針1針縫えるのです。糸もたくさんの色がありますのでいろいろな作品が作れます。菩薩の刺繍は芸術作品でした。