2011.12.17~2012.02.12 歌川国芳展

12月 ’112月
1712

2011.12.17~2012.02.12 歌川国芳展

歌川国芳(1797-1861)は、幕末の江戸・日本橋に生まれた浮世絵師です。画像の豊かさ、斬新なデザイン力、奇想天外なアイデアと確かなデッサン力で、浮世絵の枠にとどまらない革新的な作品を数多く生み出しました。英雄たちが活躍する豪快かつダイナミックな構図の武者絵、粋な町娘たちの明るい魅力をとらえた美人画、生き生きとした愛らしい子ども絵、西洋画法を取り入れた斬新な風景画、猫や金魚が楽しげに動きまわりウィットに富む戯画など、その作品は題材・ジャンルも多岐にわたり、時代を超えて、浮世絵ファンはもとより現代のデザイン関係者や若い世代にも注目され、国際的にも高い評価を得ています。

2011年は国芳の没後150年にあたります。これを記念し開催する本展は、代表作はもちろん、これまで未紹介であった傑作、新発見の優品の数々を含む約420点により構成する過去最大の規模の国芳展です。前半と後半ではほとんどの作品が入れ替わります!国芳の画業の全貌を堪能できるまたとない機会をどうぞお見逃しなく!!

 

日時:

前期2011.12.17~2012.01.17

後期2011.01.19~2.12

開館時間:

月・水~日曜日     10:00~20:00

火曜日          10:00~17:00

休館日:

2011.01.18(作品展示替えの為)

場所:

森アーツセンターギャラリー

観覧料:

一般         1500円

高・大生      1200円

子供         500円