2011/09/28~12/12 モダン・アート,アメリカン-珠玉のフィリップス・コレクション-

9月 ’1112月
2812

展覧会概要:

20世紀に入りヨーロッパの前衛美術に触れたアメリカは、第二次世界大戦後、抽象表現主義の登場によって国際的なモダン・アートの潮流に大きな影響を与え るに至ります。その一方で、ありのままの対象をとらえたリアリズムの伝統は、アメリカ絵画の源流として、その黎明期より脈々と受け継がれてきました。そし て、いかなる場合においても、果てしなく続く大自然の風景と、ニューヨークの摩天楼に代表される近代都市の景観は、そのいずれもがアメリカを象徴するもの として、多くの作家に創作のインスピレーションを与え続けてきました。
本展では、アメリカ美術の優れた収蔵品で知られるフィリップス・コレクション※から110点の作品を集め、19世紀後半からアメリカン・モダニズムの時代 を経て、ポロック、ロスコに代表される戦後のアメリカ絵画隆盛期にいたるアメリカ美術の軌跡をたどります。選りすぐられた作品の数々は、固有の風土と歴史 の中で独自の表現を追求しつつ培われてきたアメリカ美術の多彩な魅力を伝えてくれることでしょう。

※フィリップス・コレクション(ワシントンD.C.)
鉄鋼業で財を成したフィリップス家の次男ダンカン(1886~1966)とその妻マージョリー(1894~1985)の個人コレクションをもとに設立され た、アメリカで最初の近代美術館です。マネやルノワールら印象派をはじめとする西欧絵画の大規模なコレクションを誇る一方、アメリカ人画家の作品を積極的 に購入し、同時代の若い芸術家を支援した功績は広く知られています。

会期
2011年9月28日(水)~12月12日(月)
毎週火曜日休館
開館時間
10:00から18:00まで
※金曜日は20:00まで。
※入場は閉館の30分前まで。
会場
国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2                   
     
観覧料
当日券
1,500円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)
前売券
1,300円(一般)、1,000円(大学生)、600円(高校生)
団体券
1,300円(一般)、1,000円(大学生)、600円(高校生)
主催
国立新美術館、フィリップス・コレクション、読売新聞社
後援
アメリカ合衆国大使館
協力
全日本空輸、日本貨物航空