2011/10/08~11/06 平山郁夫シルクロード美術館コレクション―「豊饒なる色彩―ウズベキスタンの布と器」

10月 ’1111月
86

平山郁夫シルクロード美術館コレクション―「豊饒なる色彩―ウズベキスタンの布と器」


養蚕と絹は中国で発祥し、シルクロードを通って西はアジアやヨーロッパまた東は日本へと伝わり、シルクロードにより東西の様々な文化交流が深まりました。

本展ではシルクロードの要として発展した中央アジアに位置するウズベキスタンの華やかで明るく斬新な染織作品と色彩や模様において多様性を有している伝統ある陶器など平山郁夫シルクロード美術館所蔵作品を展示紹介いたします。

また、平山郁夫画伯のシルクロードへの情熱とその足跡を辿るシルクロードのスケッチ画をあわせて紹介いたします。
日本と多くの国々とのシルクロードを通した文化交流の中で、絹の染織文化が日本へ伝わったことを皆様に知っていただきながら、日本とシルクロードの国、ウズベキスタンとの友好が深まる一助となれば幸いです。

また、同時開催で「シルクロードの十字架 ウズベキスタン 永遠に続く絹の道」があります。今年は、ウズベキスタン共和国が建国して20周年にあたります。駐日ウズベキスタン共和国大使館の全面的なご協力を頂き、一般財団法人ウズベキスタン文化・芸術フォーラム基金との共催で、ウズベキスタンから出展される貴重な染織や陶器の作品を中心に、「シルクロードの十字架 ウズベキスタン 永遠に続く絹の道」を同時開催致します。

多くの方々に、悠久の歴史を持ちつつ、一方で近代的変貌を遂げるウズベキスタン共和国に親しみを持っていただくとともに、シルクロードを通じた日本とウズベキスタンの繋がりが、将来にわたって長く続くことを願います。

 

会期:

2011.10.08~11.06(10.11,17,24,31は休館日)

場所:

シルク博物館

料金:

一般      500円

シニア     300円

高・大学生  200円

小・中学生  100円

交通:

【 みなとみらい線 】 日本大通り駅下車3番出口徒歩3分
【 J R 】 桜木町駅または関内駅下車徒歩15分
【 地下鉄 】 関内駅下車徒歩15分

 詳細はこちら:シルク博物館